白髪染めの基礎知識

白髪染めによるアレルギーとダメージ

白髪は二度と治らないのか

白髪が生えてきているのに気づいたとき、やはりショックだと思います。一度生えてきた白髪はもうどうしようもないのかというと、原因によって変わってきます。

白髪の原因として一番多い、加齢による白髪の場合は一度生えてきてしまうともう黒い髪の毛には戻らないといわれています。そのため、なるべく白髪にならないように普段の生活から気をつけるというのが一番の対策になります。

メラニン色素が抜けてしまっている髪の毛が異常かというとそうではありません。メラニン色素がなくても髪の毛は髪の毛ですから、問題はないのです。ただ、やはり見た目的に老けてみえるというのが問題点となっているだけ、ということです。

加齢以外の原因で起こった白髪は、改善されるものもあります。ストレスが多いと白髪が増えるといわれていますが、これはストレスを解消してあげることで自然と髪の毛が黒くなるといったことは十分考えられます。病気などが原因の場合もそうです。

原因によって黒い髪の毛を取り戻せるかどうかはかわってきますが、どちらにせよ白髪になる前に対策を行うのが一番いい方法です。食生活から生活のリズムも規則正しく、ストレスも溜め込まないようにするといいですよ。それでも白髪になってしまった場合、加齢ならうまく白髪と付き合っていくしかないでしょう。

白髪染めでの頭皮アレルギーの要因
白髪染めの使用説明書には、必ずパッチテストを行うように書かれていますが、これは、髪や頭皮にトラブルが起きてしまう可能性もあるので、毎回パッチテストを行うように奨められています。

使用されている酸化染毛剤は、材料にパラフェニレンジアミンという成分が含まれており、これが白髪染めを行う際の頭皮アレルギー要因となっています。

かゆみやかぶれ、発疹等が起こり、アレルギー反応が酷い人の場合には、喉が痛くなることがあり、呼吸困難等の症状が出てしまう場合もあるので注意が必要です。

また、パラフェニレンジアミンは、目に入ると激しい痛みや結膜炎等の炎症を引き起こすこともあり、失明してしまうこともあるので気をつけましょう。

白髪染めでのダメージを予防するには
白髪染めは、何回も繰り返して染めている以上、
髪や頭皮へのダメージを完全に防ぐことは出来なくなっています。

何回も繰り返し染めていて、髪が傷んだり、頭皮にかゆみやかぶれが起こったりした場合には、すぐに使用を注意して、髪や頭皮が回復するまで待つ方が良いでしょう。

白髪が気になるからといって、無理して使用していると、更に、髪や頭皮へのダメージが酷くなってしまう恐れがあるので、注意が必要です。
しかし、白髪を放置しておくことによって、それがストレスになり、更に白髪が増えてしまうケースもあります。

白髪による髪や頭皮のダメージを防ぐ為には、刺激性の強い白髪染めを使用するのではなく、刺激性の弱い天然成分で作られているものを使用するようにしましょう。

白髪染めは、何回も繰り返して染めている以上、髪や頭皮へのダメージを完全に防ぐことは出来なくなっています。

何回も繰り返し染めていて、髪が傷んだり、頭皮にかゆみやかぶれが起こったりした場合には、すぐに使用を中止して、髪や頭皮が回復するまで待つ方が良いでしょう。
白髪が気になるからといって、無理して使用していると、更に、髪や頭皮へのダメージが酷くなってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

しかし、白髪を放置しておくことによって、それがストレスになり、更に白髪が増えてしまうケースもあります。

白髪による髪や頭皮のダメージを防ぐためには、刺激性の強い白髪染めを使用するのではなく、刺激性の弱い天然成分で作られているものを使用するようにしましょう。
天然成分で作られている白髪染めは、アレルギー反応が起こりにくいことも特徴です。

パッチテストで白髪染めによるトラブルを回避

白髪染めの中には、パッチテストが必要なものもあります。パッチテストは、白髪染めを使用する際に、頭皮に合わなくてかぶれることがないように、事前にチェックするために行います。

商品や染色液によって、成分が異なるので、毎回パッチテストを行うようにしましょう。パッチテストは、48時間放置しておかなければならないので、白髪染めを行う2日前に行うようにします。

使用説明書に書かれている量を綿棒に付けて、腕に薄く塗ります。腕は、染色液の影響を受けにくく、アレルギーが出ても簡単に洗い流せるので、腕に塗って自然乾燥させます。

アレルギーの出方も人それぞれなので、何回か確認するようにしましょう。
もし、パッチテストを行った部分にかゆみや刺激を感じたら、その白髪染めは使わないようにしましょう。

白髪染めのパッチテストでの効果とは
パッチテストは、事前にアレルギー反応がないかチェックするために行いますが、パッチテストを行ってから48時間経っても異常が見られなかった場合には、その白髪染めを使用することが出来ます。

しかし、パッチテストで事前に異常が見られなかった場合でも、実際に白髪染めを行ったら、頭皮にかゆみや刺激を感じた場合には、すぐに染色液を洗い流す必要があります。

そのまま我慢して染めていると、かゆみや刺激が酷くなって肌が荒れてしまう可能性もあります。
パッチテストは、同じ商品ならば、しなくても良いと思っている人もいますが、その時の体質や体調によって変わってくる場合があるので、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

パッチテストが面倒ならトリートメントタイプ
トリートメントタイプの白髪染めは無添加なものが多く、パッチテストの必要のないものがたくさんあります。肌が弱い方や、白髪染めのツーンとした刺激臭が苦手な方は、無添加のトリートメントタイプの白髪染めをおすすめします。

白髪染めでのアレルギー反応とは

白髪染めでヘアカラーを使用する場合、アルカリ剤で普段閉じているキューティクルを開いているので、その開いたキューティクルに染色液を入れて白髪染めを行おうとすると、身体も拒否反応を起こしてしまいます。

人間の場合、免疫機能が備わっているので、異物が体内に入ってくる際には、その異物から身体を守ろうとする防衛反応が起こります。

防衛反応が起こると、異物に対して攻撃を行いますが、過剰に反応してしまうと、異物だけではなく、周りの皮膚や組織にまで攻撃を行ってしまうので、アレルギーとして、様々な皮膚トラブルが起こってしまうという仕組みになっています。
これは人によって異なるので、白髪染めを行う際には、異常を感じたらすぐにやめるようにしましょう。

白髪染めのアレルギーの原因であるパラフェニレンジアミンとは
パラフェニレンジアミンとは、酸化染毛剤の染料の元となっている成分のことです。
パラフェニレンジアミンは、酸化すると強力な染料となるので、その含有量が多いと、その分しっかりと染めることが可能となります。

そのため、白髪染めを行うには、パラフェニレンジアミンの働きが有効となるのですが、それと同時に、頭皮等にアレルギーを起こしてしまう成分でもあるので、注意が必要となります。

パラフェニレンジアミンによるアレルギー反応は、人それぞれ違うのですが、皮膚だけでなく、喉や目に痛みを感じる人もいます。
パラフェニレンジアミンが目に入ってしまうと、激痛や炎症を起こしてしまう場合もあるので、特に目に入らないように充分注意しましょう。

-白髪染めの基礎知識

Copyright© 白髪染めゼミ~泡・シャンプー・トリートメントの口コミランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.