白髪染めにはどんな種類があるの?


白髪染めの種類

白髪染めにもいろいろな種類があります。それぞれに、白髪を染める方法が微妙に異っていて、色モチがよいとか、髪にダメージを与えないなどの特徴があります。 

髪の毛を自分で染めたいと思った場合、ドラッグストアなどに売っています。売り場を見てみると、ヘアカラーという部類と白髪染めという部類で販売されていると思います。

同じ髪の毛を染めるものではありますが、違いは知っていますか?何となく違うものだとわかってはいるけど、何がどう違うのかはあまり知らないと思います。 同じだと思って白髪染めをしたい人がヘアカラー用で髪の毛を染めてもうまく染まりません。

白髪は色素がない状態ですから、通常のヘアカラーでは色素のある髪の毛と同じようには染めることができないということです。ただ全体の髪の毛を明るくできるだけで、白髪には上手く色が入らないことが多いのです。

これが白髪染めで行うと、色素のある髪も白髪も同じ色に染めることができるため、白髪が気になる髪の毛は白髪染めを使わなくてはなりません。

ただ、あまり明るい色にすることはできないので、明るい茶色にしたい場合は、自分では難しいので美容院で相談してみることをオススメします。

ただ、白髪がそれほど多くないという場合は、ヘアカラーで染めても結構目立たなくなりますので、どれぐらいの量かによって決めるといいでしょう。 ヘアカラー用と白髪用はしっかりと使い分けてくださいね。

ヘアカラータイプ

「白髪染め」として販売されているほとんどはヘアカラータイプが多いようです。ヘアカラータイプのものは、白髪に色を入れるだけでなく、もともとの黒髪にもカラーを入れることができるので、全体的な髪の色もドラマチックに変えることができます。(詳細は下記参照)

ヘアマニキュアタイプ

髪を脱色することなく、髪の表面からカラーを浸透させる方法がヘアマニキュアタイプですね。髪へのダメージも少ないですしほんのりとカラーをつけることができるので、あまりドラマチックな変化を好まない場合にはおススメです。また、頭皮へのダメージもないのでパッチテストなども必要ありません 。(詳細は下記参照)

トリートメントタイプ

天然の染料成分によって黒髪ではなく白髪のみに色を入れていくタイプのものです。天然成分のみで作られていることが多いので、直接手で触っても安全です。毎日のヘアトリートメントとして使うことができるので、少しずつ白髪にも迅速に対応できるというメリットがあります。

テンポラリータイプ(一時的な白髪染め)

シャンプーをしたら落ちてしまう「一時的」な白髪隠しのためのものです。「外出前に白髪を発見したけれど染めている時間なんてもうない」という時にはささっと染めてすぐに外出する事ができる便利さが魅力ですね。利用法によっては、ちょっとしたハイライトカラーとして利用する事もできるようです。(詳細は下記参照)

ヘアカラータイプの白髪染め

脱色してそこにカラーを入れる

ヘアカラータイプの白髪染めは、白髪だけでなくもともとの黒髪も脱色してそこにカラーを入れる構造になっています。髪の内側にあるメラニン色素を分解し、そこにカラーを入れるので、自分の髪よりも明るいカラーに仕上げる事もできるのが大きなメリットですね。

色もち

また、髪の内側から確実に染めることができるので、色もちも長いようです。
ただ、髪のメラニン色素を分解する際にはどうしても化学成分が必要になるため、髪や頭皮へのダメージは避けることができないというデメリットもあります。

種類

ヘアカラーの白髪染めにも、液体タイプやムースタイプ、クリームタイプなどいろいろなタイプがあります。形状は異なっていてもメラニン色素を剥がしてカラーを入れるというメカニズムは同じなので、使いやすいタイプの物を選ぶと良いですね。

中でも、液状タイプは、1剤と2剤を混ぜて使うタイプのものがほとんどです。
分かりやすくいうと薬剤を髪全体にいきわたらせる事で白髪を染めることができるので、スピーディに白髪を染めたい方におススメです。
ダラダラと液ダレがするので部分染めなどには適していませんが、全体染めの場合には他のタイプよりも放置時間も短いのでスピーディに白髪が染まるというメリットがあります。

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の内側のメラニンはそのままにし、髪の表面からカラーを浸透させるスタイルです。メラニン色素を分解しないので、ヘアカラータイプと比べても髪へのダメージは劇的に少ないのが最大のメリットですね。

色もち

「髪の表面だけにカラーをつけるなら、色もちはどうなの?」と心配になってしまう方も多いかもしれませんね。確かに、ヘアマニキュアタイプは髪の表面に「色を乗せる」様なイメージなので、ヘアカラータイプと比較すると色もちは若干短い事が多いようです。
目安としては2週間~3週間ぐらいで色が少しずつ落ち始めてくると考えておくと良いですね。

髪へのダメージが少ない

ただ、ヘアマニキュアタイプの白髪染めは髪へのダメージが少ないので、頻繁に行なっても問題ありませんし、頭皮への影響もほとんどなし。
ヘアカラータイプを使う場合にはパッチテストをしてから使用するのが基本ですが、ヘアマニキュアタイプはそういったパッチテストが必要ないのも魅力です。

ナチュラルに染まる

実際にどのぐらいカラーがつくのかというと、白髪に対してはとってもナチュラルにカラーがはいり、もともとの黒髪は光に当てるとカラーが分かる、といったぐらいです。

もともとの黒髪よりも明るいカラーのヘアマニキュアタイプを使っても、周囲から見て明らかに髪の色が違うほどには染まりません。光に当たると「あら?なんか髪の色が違う?」というぐらいナチュラル。周囲に気づかれたくない方、髪へのダメージが気になる方にぜひおススメの白髪染めなのです。

テンポラリータイプの白髪染め

その場だけでいいから白髪をカバーしたい!そんな時ってありませんか? 「その場しのぎ」だなんていうとイメージがあまりよくありませんが、外出前に白髪を発見して、本当に「その場だけでいいから白髪をカバーしたい!」という時に役立つのがテンポラリーの白髪染めです。

シャンプーをすれば簡単に色が落ちるので、永久的な効果は全くありませんが、まつ毛のマスカラのような感じで、髪の表面をカラーでコーティングするイメージなので、髪へのダメージもあまり気にしないで使えるのがメリットです。

種類

テンポラリーの白髪染めは「一時染め」などと呼ばれることもあって、マスカラのようにブラシタイプになっていたり、スプレーを吹きかけるタイプの物などが多いようです。

中には専用のコームに薬剤を乗せて、ブラッシングする感じでとかすと白髪が目立たなくブレンドされるというメンズ用アイテムもあり人気があるようです。

一時的でもとっても便利

「一時的じゃあまり意味ないのでは?」と考えたくなりますが、実は一時染めは使い方によってはとっても便利なのです。
「美容院で白髪を染めたけれど根元部分が伸びてきて白髪が目立ってきた。」
「外出する直前に白髪を発見。白髪を染めている時間なんてないし、でも抜きたくない。」
出張先や旅行中など、のんびり白髪を染めている環境ではない場合などに、おすすめです。

髪への負担が少ないので安心

一時染めは髪の表面に色を乗せるだけなので髪への負担もありませんし、また、頭皮への影響もないのでパッチテストなども必要ありません。
ヘアカラーなどの白髪染めが「医薬部外品」に分類される中、一時染めは「化粧品」として分類されているのも特徴的ですね。

色々な種類の白髪染めを活用しよう

様々な種類の白髪染めを紹介しましたが、何も一つの種類にこだわることはありませんよ。
まずは、ヘアカラータイプの白髪染めで髪の内部までしっかりカラーを染み込ませて、全体的に白髪を
なくした上で、毎日の白髪対策としてシャンプーやトリートメントを使用するのはとてもおすすめです。

ヘアカラータイプの白髪染めは一度染めると、持ちはいいのですが、新しく生えてくる髪はオリジナルカラーとなってしまうので、逆に白髪が目立ってしまうことがあります。髪は1か月に1㎝平均でのびるので生え際や根元が真っ白なんてことは避けたいですからね。
手間のかからないシャンプーやトリートメントを2、3日に1度使用することにより、日々伸びてくる白髪を徐々に染めてくれて差を感じさせないのでとても助かりますよ。

また、テンポラリータイプ(一時染め)の白髪染めも、いざという時に役にたちます。ヘアカラーでしっかり染めたつもりでも、白髪が数本染まりが悪い!なんてことはよくある話です。そんな時も無理に抜いたりすることなく、簡単に染めることができます。多くのテンポラリータイプの白髪染めは、マスカラのようなブラシやスプレーなどで、扱いが簡単。お出かけ前に気になる生え際の白髪ケアにも重宝します。

色々な種類の白髪染めを活用することで、いつもきれいな髪色を簡単にキープすることができますよ。
ぜひ、お試しください。

外為ジャパンの口コミ