白髪染めの特徴・違いを知る


白髪染め:ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

ヘアカラーは、キューティクルを開いて染める
ヘアカラータイプの白髪染めは、1剤と2剤を混ぜ合わせてから、髪に塗っていきます。
1剤には、酸化剤とアルカリ剤、2剤には過酸化水素水が含まれています。

1剤のアルカリ剤で、髪のキューティクルを開かせて、髪を脱色させてから白髪を染めるタイプなので、安定した仕上がりで、色の付き具合が良く、2~3ヶ月程度は色を持たせることが出来ます。

ヘアカラータイプの白髪染めは、一度できちんと染めたい人や長く色を持たせたい人には、オススメの方法となっています。
しかし、脱色の際に髪の水分も無くなってしまうため、キューティクルが剥がれて髪が傷むことや、パサつくことも多くなってしまうので、注意が必要となります。

ヘアマニキュアは、髪をコーティングして染める
ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪を脱色させるのではなく、そのまま髪の表面に色を乗せていく白髪染めで、2~3週間程度色持ちがするタイプです。
キューティクルを剥がさないように染色してコーティングしていくので、髪が傷みにくい方法となっています。

髪をコーティングするので、仕上がりがツルツルになって、髪や頭皮へのダメージも減らすことが出来ます。
髪が傷んでいる人や、長く色を持たせなくても良い人には、オススメの方法となっています。

しかし、ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、ヘアカラータイプと違って、発色が悪い場合や、しっかり染まらない場合があるので、色を長く綺麗に持たせたい人には、不向きとなっています。

白髪染めの一時染めは、持ち歩くことも可能

一時染めタイプは白髪を目立たせないように、一時的に色を付けるタイプの白髪染めとなっています。一時染めタイプは色をつけてから洗い流す必要がないので、気付いた時に簡単に使用することが出来ます。スプレータイプやスティックタイプ等があるので、外出先にでも簡単に持ち出すことが出来るのが特徴です。

一時染めは染めるというよりも、気になった時にだけ色をつけて隠すという感じなので、半日~1日程度で、その効果は消えてしまいます。
しかし一時染めタイプは、シャンプーをすることによって落とすことが出来るので便利ですね。
メインの白髪染めとして使用すると、経済的には良くないので、気になった時に一時的に使用するようにしましょう。

白髪染めシャンプーは、徐々に染めていく

わざわざ白髪染めを行うのが面倒な人のために、普段使用できるシャンプータイプの白髪染めもあります。
これは、毎日白髪染め専用のシャンプーを使用して髪を洗うことで、自然に白髪を染めていくというものです。

シャンプータイプは、髪を自然な色で染めたい人や、後から伸びてくる髪も色むらにならないように、綺麗に染めたい人にオススメの方法となっています。
通常の白髪染めでは、刺激が強すぎてアレルギー反応が出てしまう人にもオススメです。

シャンプータイプは、刺激臭が少ないものも多く、時間をかけてじっくりと染めていきます。
ただ、じっくり染めていくタイプなので、白髪に対して即効性がなく、劇的な変化がないので、早く綺麗に染めたい人には不向きな方法となっています。

白髪染めシャンプーとは?

時間もお金も手間もかかる白髪染めは、面倒ですね。でも、毎日のシャンプーだけでなら、とっても嬉しいですね。

シャンプータイプの白髪染めの大きな特徴は、シャンプー1つで「白髪が染まる」
効果を得ることができ、自宅でできる最も簡単な白髪染め方法の1つと言えます。

ほとんどの白髪染めシャンプーは、いつも通りシャンプーで髪を洗い、放置時間を置くことなく、洗い流すだけで髪が染まっていきます。
ただし、1回のシャンプーで白髪が思い通りに染まり上がるということは、まずありません。
使い始めの数日間では全く染まりを実感できないかもしれませんが、毎日除々に染まっていき、1週間から10日ぐらいで少し色が変わったのを実感する方が多いようです。

1ヶ月ほど続けて使うと、キレイに染まるでしょう。時間はかかってしまいますが、時間をかけたことにより自然な感じで髪が染まり、大きな手間がないとはメリットですね。
しかし、白髪が染まったからと、シャンプーの使用をやめてしまうと色が日を追うごとに抜けていってしまうデメリットもあります。

白髪染めシャンプーは、毎日使うことで色をキープすることができるのです。
また、白髪染めシャンプーは、普通のシャンプーに比べて高価で、毎日使うとなるとコスト面でもバカになりません。女性のロングヘアの方は、特にシャンプーの使用量も多いので毎日の使用は厳しいかもしれません。

白髪染めシャンプーのメリット&デメリットを考慮すると、男性の方の使用がおすすめですね。
男性のヘアスタイルなら1回の使用量も少なく、毎日のシャンプーだけでOKの超カンタン白髪染めなら抵抗なくはじめられますね。

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの併用

白髪染めシャンプーの一度キレイに染まった髪色を毎日の使用により、キープしてくれる特徴を活かして、白髪染めトリートメントとの併用をおススメします。

白髪染めトリートメントは、使い始めの2~3日は毎日集中して使用すると、しっかりと白髪に色が入ります。一度、色が染まると後は気になる時に使うだけでOKですが、染め上がりを長く美しくキープしたいのなら、白髪染めシャンプーのセット使用が効果的です。

しかし、2本使いは、コスト的には上がってしまい、「美容院での施術と変わらない・・・、お得感がなくなる」との理由で、自宅での白髪染めケアをあきらめる方もいるようです。
でも、よく考えてみてください。美容院で時間とお金ををかけてヘアカラーをしても、数日もすると生え際から白髪が伸びてゆき、かえって白髪が目立ってしまう。それが嫌でまた美容院に出かける・・・というのを繰り返すのも大変じゃないですか?

自宅での、ちょっとしたヘアケアで髪や頭皮を痛めることなく、白髪が染まるのなら、白髪染めシャンプー&トリートメントは、本当に楽だと思いますよ。

もし、白髪染めのシャンプー&トリートメントをお考えなら、シャンプー&トリートメントで同じメーカーを使用するのがお得で、髪にも理想的ですね。
例えば、1,300万本を突破した利尻ヘアカラーシリーズなら、セット買いだと割引率があがりコストも抑えることができますね。

白髪染めはいつごろから始めると良い?

白髪に対する思いは人それぞれですよね。「白髪は年齢によるもの」と、白髪の存在を受け止め、全く気にしない人もいれば、たとえ1本でも、「どうにかしないと!」と、深刻に考えて白髪染めなどのケアをする人などさまざまです。年齢や性別でも白髪に対する思いは全く違ってきますね。

白髪の出始めは個人差があり、10代から出始める人もいれば50代でも黒々としている人もいます。残念ながら白髪は、どうしても老けた印象を与えてしまいます。もちろん、ロマンスグレー(完全な白髪ではなく半分以上は黒髪ありつつも白髪が目立つ状態の主に男性)など、白髪をファッションの一つとして楽しんでいる方もいるかもしれませんが、若い方や女性はなかなか受け入れられません。

髪にとって、白髪染めはどうしても負担となってしまいます。出始めでまだ数本しかない時から慌てて白髪染めを髪の毛全体にしてしまうのは、正直あまりお勧めできません。
数本しかない場合は、分け目を変えて見えにくくする。自分の手が届く場合は、根本から切り伸びるとまた切る。どうしても気になる場合は、アタッチメントタイプでお出かけ前などにケアする程度に抑えるのがいいですね。

また、ヘアマニキュアも有効です。しかし、白髪が増えてゆき、常に気になり出したら白髪染めを始める時期と言えますね。白髪のせいでお出かけが減ってしまったり、人の目が気になってしまうのいうのはもったいない話です。白髪がなくなると自信がわき、テンションが上がるのなら、その時は迷うことなく白髪染めを始めましょう。

手始めにしっかり染め上がるタイプの白髪染めではなく、白髪染めシャンプーやトリートメントなら自宅で簡単に始めることができるのもからスタートしてはいかがでしょうか?徐々に自然な感じに染め上がるの点もお勧めで、トリートメント効果があるので髪の傷みを抑えることもできますよ。

白髪染めの口コミってどうなの?

白髪染めって、タイプも様々で価格帯の幅も広い。メーカーも山ほどあって、どれを選んだら良いのか迷ってしまいます。
そこで、決め手の一つとしてネットの口コミを参考にされる方が増えています。同じ一つの商品でも良い評価から悪い評価まで、人それぞれ。「染め上がりが良くて大満足!リピ確定!」がある一方「染まらないない。かゆくなった。最悪」なんて真反対のなコミがあるはざらです。。

では、どちらを信じたら良いのでしょうか?
それは、良い口コミも悪い口コミも、本当だと思いましょう。使う人の髪質、肌質など同じではないのだから評価が違って当然と言えます。合う合わないは、実際にご自分で試してみないことには分かりません。
ただ、敏感肌などで肌トラブルの心配性、染め上がりの良さ重視など、自分が最も気になるポイントを決めて口コミを見るようにしましょう。その上で、納得のいく商品を試してみるといいですね。

また、良い口コミの評価よりも悪い口コミの評価を重点的に見ていくのも一つの方法です。良い口コミよりも悪い口コミのほうが本音が強いと言えるので、参考になります。

もう一つ忘れてはいけないのは、口コミも大切ですが、商品の売り上げや人気が何よりも、商品の評価とも言えます。売上本数が多い=売れている=評価が高い。ということで、売れている商品にはそれなりの理由があるということですよ。

外為ジャパンの口コミ