白髪染め悩み

白髪染めに悩むタイプ

その1:面倒なのが苦手なタイプ

白髪染めやヘアカラーってとっても面倒ですよね。
専用の手袋をしても服や床が汚れてしまうし、長い放置時間がとっても面倒。
美容院に行こうと思っても、予約を取ったり時間もかかるし・・。

「白髪が目立ってきたし、そろそろ染めなきゃいけないのだけれど・・」とは分かっていても、なかなか面倒で実際に行動に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

髪の毛を染めるというのはどうしても髪の毛に負担をかけることになります。白髪染めはこまめに染めていないと、すぐに白髪が浮きやすくもなりますので、頻度としてはファッションカラーよりも増えてしまうのではないでしょうか。

そこで気になるのが髪の毛の傷みです。白髪プラス髪の毛の傷みも考えなくてはなりません。なるべく傷みを防いで染める方法、今ならトリートメントタイプの白髪染めが多く発売されています。

トリートメントと同じ感覚で使えますし、髪の毛を補修しながら染められるというメリットがあります。習慣にすることで、白髪が目立たない状態をずっと続けることができます。

若さを保つためには肌のお手入れだけではなく、髪のお手入れも必須です。 髪の毛の色が違うだけで、外見はかなり若々しく見えます。

白髪染めはしたいけど、傷みが気になるという場合は、トリートメントタイプを使ってみてくださいね。
そんな方におススメの白髪染めも実はたくさんラインナップされています。

気軽に購入できるヘアカラータイプの中でも、トリートメントタイプのものなら服も床も汚しません。簡単に使うことができるので「白髪染めって面倒だな」という方や「忙しくて白髪が染まるのをジッと待っている時間なんてない」という方にもおススメです。
一回使いきりではなく何回も使うことができるので、無駄なく使えるのも魅力ですね。

最近では使いやすさが人気につながって、多くのブランドがトリートメントタイプの物をどんどん発売しています。保湿成分や美容成分などのトリートメント効果の高いものや、無添加で肌にも髪にもやさしいものなどがやはり人気です。

その2:生え際が気になるタイプ

美容院で白髪を染めても自宅で染めをしても、髪は毎日少しずつ伸びてきますから2週間もすると髪の生え際や分け目の部分から白髪が目立ってきてしまいます。
でも、髪へのダメージを考えると、その度に白髪を染めるというのもあまりお勧めできません。 

「目立ってきた生え際の部分だけ染めることって出来ないの?」 
そんな方にぜひおススメなのが、トリートメントタイプの白髪染めです。

トリートメントタイプの白髪染めなら、お風呂で簡単に定期的に使えるので、生え際や分け目が気になることもないでしょう。気になる部分には、少し時間を多めに置けばキレイに染まります。髪にも肌にもやさしい成分のものが多いので安心して使うことができますよ。

お風呂場なら汚れを気にすることもないので大変便利ですよね。

美容院などでこまめに染めると、費用もバカになりませんし、髪や頭皮へのダメージも気になりますよね。トリートメントタイプにものなら、美容成分や栄養成分も入ったものが多いので、髪も頭皮も傷めません。価格もリーズナブルなので、こまめにお手入れできますよ。

その3:敏感肌タイプ

肌や頭皮が敏感な方にとっては、白髪を染めたくてもなかなか肌にあったものが見つからないことも多いはず。特に、髪の色を劇的に明るくしたい場合に人気のあるヘアカラータイプの白髪染めは薬剤も強いことが多いので、敏感肌の方はパッチテストなしでは使うことができません。

でも、敏感肌だからと言って白髪染めをあきらめたくありませんよね。そんな時におススメなのが、天然成分で作られたトリートメントタイプの白髪染めです。化学成分が一切含まれていないので敏感肌の方でも頭皮トラブルを起こす確率がグンと低くなるのが魅力的ですね。

天然成分で作られている白髪染めトリートメントの大きな特徴は、直接手で触っても肌トラブルにならないこと。素手で堂々と使えるトリートメントタイプの多くは天然成分のものが多く、普段使っているシャンプーの後にトリートメント剤として使いながら白髪を染めることができるのでとっても便利です。

「天然成分」の商品として販売されている商品の中には、微量の薬剤や化学成分が含まれていることもたまにあるので、肌が敏感な方や肌トラブルが起きやすい方は注意が必要です。親切な商品なら「若干の化学薬品も入っています」的な記載もありますから、細かい部分もチェックしてから商品選びをする事が大切ですね。

天然成分の白髪染めトリートメントは、白髪を染める際に使われている染料も全て天然成分となっています。そのため、とってもナチュラルな感じに仕上がるので、周囲からも気づかれることなく白髪を染めることができますよ。

その4:髪のパサパサが気になるタイプ

「白髪染めを使ったら髪がパサパサ、ゴワゴワしてしまった」
なんて悲劇は、一昔前に白髪を染めた経験がある方なら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。

白髪染めの中でも髪全体の色を変えることができるヘアカラータイプのものは、髪の内部のメラニン色素を分解し、そこに染料を入れて髪に色をつけていくので、どうしても髪へのダメージは予防する事ができません。

その点、トリートメントタイプの白髪染めは、普通のトリートメントと同じように美容成分が配合されているので髪がパサつくことなく使うことができます。
他の白髪染めのように、間隔をあける必要もありません。毎日だって使えます。

使い続けるほど、美容成分が浸透するので、以前よりも髪がシットリまとまりやすくなりますよ。白髪染めは髪がパサつくと諦めていた人は、ぜひトリートメントタイプの白髪染めをお使いください。

白髪染め 髪が傷むのが気になるタイプ

市販されている白髪染めは髪の毛を傷める?って聞いたことはありませんか?自宅で簡単に染めることのできる白髪染めは簡単なだけに、それだけ成分が強いようです。基本的には美容院で使用される白髪染めも市販の白髪染めも髪の毛や頭皮に与えるダメージは同じなのですが、美容院で使用される白髪染めは薬剤を薄めたり頭皮のケアをすることで髪の毛へのダメージを抑えているようです。

 

どちらの方法も、1剤と2剤を混ぜて使用します。1剤に含まれるアルカリ剤にキューティクルを開く作用があり、そこから染料を髪の毛の内部に浸透させることで染まります。しかし、キューティクルを開いた時に髪の毛の中の水分まで出てしまうので、紫外線やドライヤーの熱などの外部からの刺激により枝毛や切れ毛の原因となり髪の毛が傷むようです。

 

白髪染めを使用しないのが一番髪の毛にとってはいいのでしょうが、女性はいくつになってもキレイでいたいものです。どうしても染めないといけないのであれば、染める回数を減らすか刺激の少ないものを選んで染めるようにしましょう。最近話題の自然派白髪染め…「ヘナ」を使用するのもいいかもしれません。ヘナは植物成分で髪の毛を染めるので髪の毛を傷めることもなく染めることができます。

白髪染め 髪色が気になるタイプ

白髪染めといえば昔は黒一色だったのに、今ではカラーバリーエーションも豊富で若白髪のある20代の方でも使用できるようになっています。自宅で気軽に白髪染めをしたい女性には豊富なカラーは嬉しいのですが、いざ購入して染めようと思うと何色を買えばいいのか迷います。

 

白髪染めを購入するポイントは、自分の髪の色にあったカラーを選ぶことではないでしょうか。自分の髪の色に合っていないといかにも染めましたというような仕上がりはイヤですよね。カラー選びも重要ですが、髪質によって染まり具合も変わるので注意が必要です。

 

一般的に軟毛の人は髪の毛が細く柔らかいのでキューティクルの枚数が少ないのでダメージは受けやすいのですが、白髪染めの効果が出やすいのでキレイに染めることができます。硬毛の人の髪の毛は太くてハリがあり硬い髪質なので、薬剤の効果が出にくく明るい色の白髪染めには染めにくいようです。

 

軟毛の方は、自毛よりも明るめのカラーにしたい場合は、希望のカラーを選んで染めることができます。暗めのカラーにしたい場合は、希望するカラーよりもワントーン明るめの色を選んで染めることをおすすめします。硬毛の方は、自毛よりも明るくしたい場合は希望するカラーよりもワントーン明るめの色を選ぶことをおすすめします。暗めのカラーにしたい場合は、希望するカラーで綺麗に染めることができます。

白髪染め 肌が弱いのが気になるタイプ

「白髪染めをしたいんだけど、敏感肌だから肌荒れが怖くて…」という方は多いのではないでしょうか?肌が弱い人、アトピーの人、アレルギーのある人は、白髪染めを使用する前にかならずパッチテストをすることをおすすめします。実際に使用する製品を肌に少量付けて48時間後の反応をみます。今まで一度も被れなかった人でもアレルギー症状というのは、その時の体調によって毎回違うので白髪染めを使用するたびに必ずパッチテストをして下さい。

 

肌の弱い方でどうしても白髪を染めたいのであれば刺激の少ないものを使用することをおすすめします。例えば、天然成分の白髪染めで話題の「ヘナ」がおすすめです。ヘナは、植物性の白髪染めなので皮膚の弱い方でも使用することができます。ヘナには、トリートメント効果も含まれているので白髪染めのついでに髪の毛に潤いを与えることもできるようです。

白髪染め 髪質で染め具合が変わる

白髪染めって髪質によって染具合が違うって知っていますか?白髪を綺麗に染めるためには髪質にあった白髪染めを選ぶことが重要です。自分で染めると色ムラがでたり、好みの色に染めることができないのはテクニック不足と、自分の髪質に合っていないのが原因のようです。

 

髪質には、軟毛・硬毛があります。軟毛は柔らかい猫っ毛と呼ばれる毛です。柔らかくて細いので普通の髪質に比べるとダメージを受けやすいのですが、白髪染めは綺麗に染めることができます。硬毛派、硬くて太いハリのある髪質です。キューティクルの枚数が多く健康的な髪の毛なのですが、白髪染めで染めるとなると染まりにくいのが難点です。

 

-白髪染め悩み

Copyright© 白髪染めゼミ~泡・シャンプー・トリートメントの口コミランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.